声に出して読む開運の言葉

これからご紹介する言葉は、声に出して読むと開運します。





ご自分で声に出して読むことで、

耳から入った良い波長を持つ言葉が、

しっかりと、心の奥底に入り、

あなたの心を良い状態に安定させ、それが、開運に繋がる第一歩となります。



加筆・訂正などを行うことがありますので、

気になったら、覗きにきて見てくださいね。





読むタイミングは、いつでも何処でも行ってください。





ついつい、不満を漏らしそうなときや、辛いときだけでなく、

思い出したときや、毎日、時間を決めて読んでもいいでしょう。





あなたのタイミングで、好きなだけ読んでください。







《読む際の注意点》



1.第一人称は、あなたの使っている言葉で構いません。

(私を、ボクや俺、あちき、などに変えても大丈夫です)



2.耳や話すことが不自由な方も、なるべく声に出してみてください。

(声を出したことによる振動は、空間浄化にも繋がります)



3.笑顔で楽な姿勢のまま、読んでください。

(笑顔になると身体は自然にリラックスしますよ)





3は、特に重要です。



これは、笑顔でいると第三の目が開くからです。



第三の目は、仏眼ともいわれ、およそ眉間の場所にあります。

(明王像の額に宝石状のモノがありますが、あれですね)



眉間にしわの寄った状態では、

その眼を強引につぶった状態だということを覚えておいてください。



笑顔になることで、自然に開くからなんですが、

試しに、満面の笑顔で眉間にしわを寄せてみてください。





できてしまった方が居たら、写真付きでコメントくださいね。





ちなみに、満面の笑顔になると、リラックスもします。



試しに、満面の笑顔で握り拳を作って、握ってみてください。



普段よりも、確実に力が入らないと思います。





これでは、確かに・・・



みんな、笑顔なら、争いなんて、起きませんね。













《開運の言葉-ここから-》





私は、すべてのことに感謝しています。





天と地が分かれた時より、

途切れることなく、今日まで繋がった命に感謝します。





ありがとう。





愛により生まれ、愛により育ち、

今、この時代に生まれたことに感謝しています。





ありがとう。





《開運の言葉-ここまで-》












この言葉だけで、

足りない方は、様々なことに感謝の言葉を述べてみましょう。





愛する家族や友人などに宛てた感謝の言葉でも良いですし、

金運を上げる為には、お金を生み出してくれるもの、

例えば、自分の仕事や会社、お客さんに感謝を述べてみるのも良いですね。





また、大願成就を希望される場合は、

それを成すことで、他のものに利があることを訴えましょう。





利己、己のための利だけでは、隠れた力までは発揮できませんからね。





自分がそれを行うことで、自分だけが幸せになることを願っていたのだとしたら、

利他、他人にも利がある部分が無いか?をよく考えて、

改めて、願いを掛けることが良いと思います。





あなたの願いがどういったものであれ、

それは必ず、他人のためにもなることである・・という部分を感じてください。





利他の部分がしっかりとイメージできれば、

何か、ことを成すことは、それほど難しくないと思います。























声に出して読む開運の言葉 への2件のフィードバック

  1. NOBU のコメント:

    開運アドバイザーケイ様

    NOBUです。
    乾坤宝照図を送っていただき、そして励ましのメッセージもいただいてありがとうございます。
    早速、携帯の待ち受けにしました。
    力強く、明るい未来が開けるのを約束された様な気がします。
    無理をせず、誠実に物事に取り組んでいきたいと思います。

    ありがとうございました。

    • 開運アドバイザー ケイ のコメント:

      NOBUさん
      コメントありがとうございます、ケイです。
      お仕事はいかがですか?
      明るい未来を想像できる人には、明るい未来がやって来ます。
      これは、よく考えると当たり前のことですよね。
      NOBUさんにとって、ちょっとでもお力になれることがあったのなら、
      これほど嬉しいことはありません。
      これからも気軽にコメントしてくださいね。
      ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です