開運・風水グッズ

財布に入れる縁起物にも色々と種類があります。

お財布に入れる縁起物で、メジャーなもの特殊なものを集めてみました。

◎ヘビの抜け殻



金運アップのための縁起物としては超メジャーどころですね。
ヘビ自体が、金運アップの代名詞みたいなものですからね、
そのパワーを取り入れるという意味でも、実践している人も一番多いでしょう。
開運・幸運財布の素材や柄としても、親しまれています。

◎七福神



恵比寿さんや大黒さん、弁財天さんなどのキーホルダーや、
小さなお人形を付けたり、入れたりしている人も多いですね。

◎カエル
カエルは、日本では縁起が良いと言われていますね。
「カエル=帰る」の語呂合わせから、旅の無事を祈るとか、
お店や家の玄関先において、お客さんが帰って来るといった使い方をしています。
お財布に入れて、「(出て行ったお金も)無事にカエル?!」

◎ふくろう



こちらも、「不苦労」という語呂合わせから縁起が良いと言われています。
また、ふくろうは知恵の神さまと呼ばれることもあり、勉学方面でも縁起物となっています。
お財布に入れて、「お金で(不苦労)苦労しない人生」を送りたいですね。

◎金・ゴールド
金・ゴールドは、お金の元です。
それらを入れることで、お財布にお金が集まってくると言われています。
金の延べ棒ではなく、通常は金粉や金箔を使ったものをお財布に入れますね。
(金粉の入ったカプセル、金箔で作られた名刺状のもの)
ヘビ柄と同様に、開運・幸運財布の素材や柄としても人気があります。

>>>願いかなえ!開運純金入り打ちでの小槌



本体の中に純金が入った打ちでの小槌です。
打ちでの小槌自体も縁起の良いものですから、これだけで開運率2倍です。

◎お札(おふだ)・お守り
お札(さつ)ではなく、お札(おふだ)やお守りも、入れている方は多いでしょう。
各地の神社などで買われたものや、風水を扱った独自なものなど多岐に渡ります。
私は久しぶりに、お守りをお財布に忍ばせています。
乾坤宝照図(けんこんほうしょうず)です、なんか、入っていると思うだけで、
ワクワクしますが、こういうワクワクって、良い感じです。ワーイヾ(´ρ`)ノ゛ワーイ

◎意味のある小銭
意味のある小銭とは、結構、色々とありますが、代表格は5円ですよね?
これも、「ご縁」にかけてあるわけですが、
自分が生まれた年の五円玉に、金の糸を縛ってお財布に入れておくというのもありますし、
マダムシンコ代表、マダム信子さんのように、
尊敬している方からお財布を貰う時に、「45円」入れてプレゼントしてもらう・・・
などという、オリジナリティのある縁起担ぎをされている方も居ます。
「45円」は、「始終ご縁」を願うものだそうです。
他にも、「25円(二重にご縁)」「52円(ご自由に縁)」などもありますね。

◎模造の札束やお札



私の尊敬する財布屋さんの社長も言っていますが、
お財布に、パンパンにお金が入っているイメージをさせるのが良いといいます。
ですから、模造(偽札みたいなものではなく、同じサイズの紙でよい)したお札を、
お財布に入れておくことで、本物のお札も集まってくるそうです。
ちなみに、現行の壱万円札のサイズは、縦76mm、横160mmです。
新聞紙やコピー用紙などで大丈夫だそうですよ。

◎本物のお札
ちょっと、意味が分からないかも知れませんが、
いつかお話した和風水の中谷比佐子先生は、
新しいお財布を使い始める前の準備について、説いておられました。
先ず、21日間はそのお財布を使わない。
その間、普通のお財布なら10万円、マチの広いお財布なら100万円を、
入れっ放しにしておくそうです。
そうすることで、お財布がお札をパンパンに入れたイメージを持つんだそうです。

うう~ん、お財布を使い始めるのに、
「45円」で済ませるか、
「100万円」使うか・・・悩みますね。((ミ ̄エ ̄ミ)) ボーーー

まぁ、お財布に入れる縁起物に凝るのも良いですが、
「お札の向きを揃えたり、折れ曲がったお札の角を伸ばす」などという、
当たり前のことをするのもとても大事でっす。

▲その他の開運小物▲

◎開運四神龍ふくさ



大事なお財布を包んで運気を養ったり、飾ることで運気を呼び込むものです。

◎銭亀(長寿守り)



金運アップのお守りとして使われる日本の縁起動物 銭亀。
長寿を願う縁起物としても有名ですね。

◎金のわらじ



年上の女房は、金のわらじを履いてでも探せ・・などと言いますね。
私も子ども頃は、
「金(きん)のわらじで探すなんて凄いなぁ」と思ってましたが、
正確には、“きん”ではなく“かね=鉄”の意味なんだそうですね。
鉄のわらじという重い、不便なものを履いて探すくらい、苦労して探しても損は無いよと、
まぁ、年上の奥さんというのは、それほど良いもんなんだそうですね。
昨今は、年上妻をめとるオジサンの話ばかりですが、あれ、真逆ですね。

◎招き猫



招き猫も立派な開運グッズですが、忘れてしまったので、追記扱いです。^^;
右手と左手、両手上げなどがありますが、
右手が人、お客さんを呼び、左手が財や福を呼ぶと言います。(両手はみっともないですが^^;)
お店に飾られるときは、右手が上がっているものを選んでくださいね。
意味を知っているお客さんにとってみたら、
左手が上がっている招き猫ってちょっといやらしいですから。

◎鈴
実は、キーホルダーなんかについている鈴、あれもれっきとした開運小物なんですね。
大きなもので言えば、神社で賽銭箱の↑にありますし、
お土産物として、各地方で土鈴(どれい)という土でできた鈴があります。
鈴の音は、開運というよりも、魔除けとかその場を浄化するという役割が強いですね。
澄んだ鈴の音で、なんとなく心が休まる気がするのは、私だけでしょうか?

アリガタビーム!!(ノ・_・)‥‥…━━━━━☆ピーー 
          ピーー☆━━━━━…‥‥(・_・ヽ) アリガタビーム!!

あと、ちょっと違う意味ですが、前述の財布屋さんの社長の言葉。

ちなみに、金運をアップさせる方法ということですが、人生にも当てはまる箇所がありますよ。

アリガタビーム!!(ノ・_・)‥‥…━━━━━☆ピーー 

「お金が入ってくる部分に関して、
《ありがとう!》と感謝の気持ちを“声に”出して言いましょう!」

お金を生み出すもの、人。

お客さんでも、会社でも、なんでもいい。

あなたにお金を持って来てくれるもの、人を、イメージしながら、感謝の言葉を口に出しましょう!

        ピーー☆━━━━━…‥‥(・_・ヽ) アリガタビーム!!

思うだけでは、ダメなんです。

声に出してこそ、自分でも再認識(何処からお金をもらっているか?)するんですって。

私も、暫く前からは、週に3回くらい、思い出した時に感謝の言葉を唱えています。

もちろん、通販のお客さん(文章でしか伝えられない方)にも、
「ありがとう!」と口に出していますよ。:*:゜・☆ヾ(TωT。)了└|力”├♪

あなたも、自分にお金を運んでくれるもの、人に、ありがとう!を言ってみませんか?

長文を読んでいただき、( ̄(エ) ̄)ノ” ++了└|力”├♪++



開運・風水グッズ への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 白蛇長財布で金運アップ | 開運財布で景気よくなりまっしょい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です