なんか、お墓参りを推奨してみたくなりました

 

風水とは、家相などに代表されるもので、
方角、形、色、数・・その他様々なことを吉兆となる様に、
若しくは、災いを減らすようにするための生活の知恵です。

まぁ、ちょっと、難しい言い方をしてしまいましたが、
風水ということに、限定しなくても、
大きな意味で、開運・幸運を呼び込むというものを、
老いも若きも、男も女も求めているわけです。

また、開運する方法として、その指導者?(宗教も含め)たちは、
自分たちの教義に則した方法を、信者に説くわけですね。

先祖の供養が足りませんよ・・などと言って脅かすのは、
あんまり、感心できたものではありませんが、
お仏壇も無く、お墓も無い!という方を見ると、それはちょっと・・・と思います。
(お墓が無いので、そこのお宅では、遺骨が居間にありました^^;)

もちろん、通常通りの供養をしていれば、
先祖が祟るわけありませんからね、ほんと。

誰が、自分の子や孫、ひ孫を祟るか!

・・・ですよね?

もし、私が向こう岸の人になって、
子や孫が、墓参りに来なかったとしても、恨みませんよ。(笑)

その子や、孫をそういう風に育てたのは自分ですからね。(苦笑)

ちなみに、私は時々、ひとりでも思い立ったら、墓参りに行きます。

歩いて行けるという距離もあるんですけどね^^;
そんな「~祟るぞ!」みたいなものに惑わされないためにも、
1年に2回位は、墓参りに行きたいものですね。
私の場合、
墓参りって、気持ちがリセットされる大事なもんなんですよね。

何かの節目には、必ず、ひとりでぷら~と出かけます。

なんか、煮詰まった時には、お薦めっすよ。

 

で、ですね。

 

別に、私は墓参りを勧める話をしたいんじゃありません。

軽く、風水絡みの話をちょこちょこと書いて行きますね。

風水学から、有名な霊能者の著書など、
様々なところから、良いことだなぁ・・と思ったものをピックアップしていきます。
第一回は、なんか、墓参りの話で終わった方がいいかも?

ここまでで、結構、話が長くなっちゃいましたもんね。
気紛れに続きを書きますので、興味のある方は、要チェックでお願いします。

 

 

カテゴリー: ちょっと寄り道-開運・風水の話 パーマリンク

なんか、お墓参りを推奨してみたくなりました への1件のフィードバック

  1. 真田 のコメント:

    私も乾坤宝照図いただきたいです!
    よろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です