身近なアレを撮影して運気アップの待ち受けにしてみよう

どこかでお話したことがあるかも知れませんが、

携帯やスマホの運気を上げる待ち受け画像の中に、

季節のお花という身近な存在のものがあることを知っていましたか?



これ、あまり知らないで、無意識にやっているお花好きな方も居ると思いますが、

簡単なことですが、なかなかどうして運気の巡りは良くなるものです。





お花の咲いている姿というものは、精気に満ちています。

1年のサイクルの中で、そのお花が一番輝いている時です。

その一瞬の輝きを、お裾分けさせてもらう感覚ですね。

自然のものからいただく生命力というものは、

人間が都会暮らしをしていると不足してしまいがちなエネルギーですから。





被写体であるお花のことが嫌いでは、効果も薄いかも知れませんが、

好きなお花や、好きな花色などを選んでみれば、これだけで開運待ち受けなんですよ。



今の時期だと、ポインセチアやシクラメンなどの鉢花、

パンジーやビオラ、ジュリアンなどの花壇苗などがありますね。



ポインセチアやシクラメンは、基本的に赤系統の色目ですから、

赤系の色があまり好きではない方には、おすすめしませんが、

パンジーやビオラ、ジュリアンなどは、多色ですから、

写真に収めても、カラフルでそれだけでもなんとなく元気になれちゃうものです。



また、花壇苗というものは花期が長いですから、

来年の梅雨前くらいまでは、待ち受け画像としても適していますよ。

(大体、花好きな方は春先に桃や桜などに取って変わりますけどね)



今の時期、公園やお花屋さんなどで、見られると思いますから、

試しに、良い感じのお花があったら、撮影してみてくださいね。

(店頭での撮影は、店員さんに了解を得てからにしてくださいね)





お花たちの生命力を侮ってはいけませんよ。

人間がこの世界から消え去っても、彼女らは生き続けますからね。



気持ちが滅入っているときには、

携帯片手に、散歩がてら、お花を巡ることをお薦めします。





カテゴリー: ちょっと寄り道-開運・風水の話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です