なるようにしかならないから

なるようにしかならないから・・・・・・



激動?の9月が、ようやく終わろうとしている。



今月は、先月から続いているちょっと変わった仕事に加えて、

嫁さん方の祖母が亡くなったのと、

私の伯父が亡くなるのが重なってしまい、

心身ともにかなり疲弊した・・・・・・気がしていた。



気がしていたという表現は、微妙なニュアンスだが、

2人の尊敬する身内が亡くなったことで、逆に私はアクティブになった。



もやもやしていたことが、なんなのか?



これは、開き直りに近いかも知れないが、

死というものに連続で向き合って、かえって、心が晴れてきた。



最後は、骨になるだけだ。



物事は、色々な要素が複雑に絡み合って構成され、

その結果、良いとか悪いとか、その場で判断してしまう。



だが、実際は、それすらもなるようにしかならない。



何ごとも、なるようにしかならないから、全力で球を放るだけ





もしかすると、知らず知らずに頭でっかちになって、

この単純で、大切なことを忘れていたから、もやもやしていたのか知れない。





過去を顧みると、結果を恐れず、また、皮算用もせずに、

無我夢中でやっていたことの方が、価値のあるものを手にしていた気がする。





なるようにしかならないから、全力で球を放るだけ・・・・





これは、子どもの強さ、大人の弱さの原因かも知れないね。





今月の忙中、こんなことを考えて乗り切りました。



何かに悩んでいる人に、踏み出す勇気となれば幸いです。





カテゴリー: ちょっと寄り道-開運・風水の話, なんでもない話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です