ありがとう!初詣に注意して開運しましょう!

さ~、家族そろってお墓参りです。



今年は、心を痛める事柄がとても多く、

しかし、反面、日本人の良い部分を世界にアピールすることも出来ました。



世界にアピールした以上に、

日本人、ひとりひとりが、「結構、やれるな、俺たち・・」みたいな感覚、

自信を少しだけ取り戻せた1年でもあったと思います。





来年は、マヤ暦によると最後の年だそうです。



これは、人類が滅亡する云々といったものではなく、

暦(カレンダー)として、最後の1年だということです。





うろ覚えで申し訳ないのですが、6億5千年周期?の最終年だそうで、

2012年から2013年に変わる瞬間に立ち会えることは、

マヤの人々にとっては、とても光栄なことだそうです。



2012年は、1年で表せば、12月という括りなんでしょうね。







さて、家族が揃ったら、お墓参りに行ってきます。



個人的には、家族の中で一番、今年はお墓参りに顔を出していました。



また、神社などに参拝する機会も、一番多かったと思います。





お墓参りは、よく分かりませんが、

神社に参拝する際の注意事項をひとつだけ話しておきますね。



それは、自分のための願い事をしないことです。





願い事ではなく、自分が達成したいこと、

そのために自分が動き回る決意をするのが、正しい参拝です。



若しくは、世界が平和であることを願う、

他人の幸福を願うことがあるべき姿です。





それでこそ、ご加護という神さまのサポートが受けられるというものです。





初詣の人々が、たくさんの我侭な願い事をしている中で、

あなただけが、清い決意表明をしている。





神社の真上に、邪念という黒い雲の塊があることを想像してみてください。





それは、たくさんの人たちの「願望」という想念であり、

お参りする人たちの頭から、モクモクと立ち上り、一層、黒い雲の塊を大きくしています。





そんな中、あなたは、清い誓いをしている。



当然、神さまから見たら、異質な存在なわけです。



神さまの面接を受けている人みたいなものです。







黒い雲の隙間から、あなたの頭に一本の光の筋が降りてくる。



それは、スポットライトを浴びているように、あなたを包むことでしょう。







初詣も、これで開運です。









2012年があなたにとって、良い1年になりますように・・・



良いお年を!







私は年末年始も、新年会に顔を出しては・・・仕事、

顔を出しては・・・仕事をしている予定です。



コメントや乾坤宝照図も、最長で2日以内にはお届けできると思います。





カテゴリー: なんでもない話, 日本の縁起担ぎ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です