縁起を担ぐなら締め財布?

お財布を買うのに良い日・・と言うと、
一般的には、大安、一粒万倍日、天赦日、寅の日がありますね
⇒それぞれの日の説明は、最下部にまとめておきます。

季節で言えば、秋に買う財布は「空く」から縁起が悪いとか、
春に買うと、財布が「張る」から縁起が良いとか・・・。

また、風水的に言えば、
年が明けてから、その年の運気を・・・というのもあります。
(ん?毎年買い替えた方が良いのかしら?)

秋だから空き、春だから張るというのは、
単に語呂合わせというか、語感から来るものであまり意味が無いような気はします。

マキノ出版から出版されている「ゆほびか」という雑誌があります。

ゆほびか2012年1月号の特集は、
お金に好かれる財布、嫌われる財布・・・ということで、
眺めていたら、財布屋さんの財布が掲載されていました。

財布屋さんの店主である岸本さんは、
大変面白い方で、彼からのメルマガは私が欠かさず読んでいます。

読むだけで、開運が近づくような・・・そんな気になります。

さて、そんな財布屋さんの前回のメルマガで、面白い記事を読みました。

それは、「締め財布」と呼ばれる縁起の良い財布のことです。

「締め財布」とは、年末に買うお財布のことで、
出て行くものを減らすという効果に期待が持てるとか。

・・・メルマガでは、詳しい話が書いてあったのですが、
一部、オフレコな部分もありますので、詳細は次回!

<縁起日の解説>

大安・・・言わずと知れた大安吉日の大安のことで、何をするにも良いとされる日。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
  ・・・一粒の籾(もみ)が万倍の稲穂になるとされる日で、何かを始めるのに良い日。
        但し、借金だけは苦労も万倍になるので、駄目!
     11月26日、27日。
     12月10日、11日、22日、23日。

天赦日(てんしゃび・てんしゃにち)
  ・・・百神が天に昇り、全ての罪を赦す日であり、最上の大吉日とされている。
     今年の天赦日は、終了~してます。

寅の日・・・金運招来の日。また、新しいものを使い始めるのに良いとされる日。
      11月の寅の日は既に終了~してます。
      12月は1日、13日、25日の3日間。



カテゴリー: 日本の縁起担ぎ, 開運財布紹介 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です